IT技術で営業の効率化を実現するSFA

事業活動の一環で行われる各種営業活動を如何に発展させるかは、より多くの利益を確保する意味においても重大な案件です。SFAはその願いを叶えてくれるITソリューションの一つです。営業には手腕が必要でありますが、現在ではそれを更に増幅化させるツールが必要です。SFAを導入しますと、チームや各々の営業担当者と社屋外から情報を共有して活用し合うことによって、離れた別地点から歩調を合わせて仕事を進めることが可能になります。そして、社屋外からインターネットを利用して社内ネットワークのデータに接続し、営業先で社屋内と同等のデータ量で商談を行うことが可能になります。この有用性は非常に大きく、これまでの営業活動では営業先に提示する事前の資料集めに多くの時間を要することがあった場合でありましても、SFAではその作業を大幅に削減することが可能になります。

営業先での予定外の質問にも即対応可能なSFA

企業の重要な活動に営業というものがありますが、この商談を取りまとめるには、非常に多くの情報が必要になります。営業先に提案する商品について、またそこで出るであろう質問や疑問の答えとして、商談相手に様々な情報を提供して魅力を知ってもらうことが重要になります。そしてそれに最適な技術がSFAです。このSFAの利点の一つにリアルタイム性があります。これまでは、その商談用のデータ収集を自社オフィスでやっていたものを、商談の現場でリアルタイムに行うことが可能になります。これまでは相手からの質問を推測してそのデータを準備することが普通であり、推測外の質問には十分に対応できず、その場での契約合意を逃すこともあり得ました。しかしSFAを導入した場合その問題は解消され、如何なる質問にもリアルタイムでその答えとなる情報を、自社ネットワークから取り出して営業先で提示することが可能になります。

SFAは迅速な営業で商談先の信頼を得る力となる

今では情報化社会と呼ばれて久しいですが、現在は情報があるだけでは競争に有利とは言えません。その情報を瞬時に利用可能な状態にしてこそ、真価を発揮します。会社での営業活動でありましても同様であり、SFAはその営業を更に強化させる方法です。この略語の元はセールスフォースオートメーションであり、ITを積極的に用いることを前提としています。その効果で、スマートフォンなどがあれば、それだけで情報面におきましては所属する自社のデスクと同等の仕事が可能になるということです。その為、突発的に入った営業用の資料を揃えに一度オフィスに戻る、といった行為が不要になり無駄を省けます。資料の整理は急に入った営業先へ向かう道中に、揃えることが可能になります。この迅速な対応は営業活動を大幅に向上させ、商談先の信頼を得る力となります。

ここまではSFAのメリットばかり記述していました。確かにSFAは便利なものですので、使いこなせれば非常に営業を有利に進めてくれるものでしょう。ただ、SFAを使うために必ず発生する作業が状況を記述する。という作業です。出来る営業マンの中で感覚で最適なタイミングを掴める人もいるでしょう。そういう人にとっては数値で状況を管理するというのは新たな手間であり、その分時間を割かなければいけなくなります。そういうデメリット面も理解していないと導入後こんなはずじゃなかった。ということになりかねません。ただ企業側も入力の手間を十分理解しており各社工夫しています。SFAならネクストSFAを謳っているサイトでは、営業マンが入力する項目や機能を出来る限りシンプルなものにして、だれでも簡単に使いこなせるようにしているのが特徴のようです。